So-net無料ブログ作成

エルバール王国の教育制度 [裏話]

 こんにちは

 今回は『エルバール王国の教育制度』について

 現代編ではそれなりに充実している、王国の教育制度、クロービスの故郷『名もなき島』改め『北の島』にも学校があり、何人かの先生が赴任しているという話は以前出てきていると思います。しかし、これが外伝のころとなるとかなりあいまいと言いますか、きちんとした決まりごとがあってないもののような状態です。

 気候が穏やかで一年を通して過ごしやすいという環境は、人間のみならずモンスターにとっても住み心地のいい場所でしたから、建国当初からモンスターとの戦いはありました。なのでどうしても国の予算の中で一番大きい部分を占めるのはモンスター対策。教育となると優先順位としてはかなり後のほうだったんですよね。建国当初は、モンスター対策が一段落したらいずれは教育や福祉にも力を入れるという考えがあったと思いますが、なかなかうまくいかない。モンスターは時代を追うごとに少しずつ狂暴になり、そのたびに対策費が増やされ、エルバール王国建国より180年余り過ぎていた外伝当時でも、教育費のための予算はそんなに取れない状態。

※モンスターが少しずつ狂暴になっていったのは、この時点ではナイト輝石が発見されていないので廃液とは関係ありません。今までモンスター天国だった場所に人間達が入ってきて、町を作って生活を始めたのがそもそもの原因です。時代が下るにつれて人が増え、それに伴って町も拡大されていったので、モンスター達もどんどん狂暴化していったということですね。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。