So-net無料ブログ作成

今年最初の更新は外伝です [裏話]

 こんにちは

 やっと今年初の掲載となりましたのが、外伝にございます( ̄▽ ̄;

 回想2はなかなか進みません。生きてるうちに終わらせたいので頑張ってますが、なかなかねー(^^;

 ま、出来れば外伝のほうを先に終わらせて、本編の現代編あたりで昔話の端々に出てくる、なんて話に持って行けたらなーなんてことも考えているので、進められる方を進めております

 さて

 やっと長い長い長い一日が終わりました。しかもなかなかに収穫のあった一日でしたね。

 まあ収穫と言っても、例えばローディあたりは『マント野郎』の声を久しぶりに聞いて相当びびっている様子ですが、果たしてその『マント野郎』はどこにいたのか。それは人夫に紛れ込んでいるのか、それとも全くの偶然で近くを通りかかったのか。それとも、また別な場所に居た誰かなのか。

 謎が謎を呼んでいますが、ローディについては家族共々ちゃんと守ってくれている人がいるらしいので、一安心というところですね。

 そして王国剣士の4人は、それぞれ自分の仕事をすべく動き出しています。ヒューイは『厄介な仕事』のために人夫達に話を聞きに、パーシバルはグラディス達と一緒に、モーガン医師とガルガスの件について調査。

 グラディスとガウディは、パーシバルの仕事に対する姿勢に、大分感服している様子。やはり入団してやっと3年のまだまだ『駆け出し』では、当分追いつけそうにありません。

 そして焼却炉の中から見つかったモーガン医師のメモ。内容がガルガスの検死似かか悪者かどうかはともかく、パーシバルの見立てでは間違いなくモーガン医師の筆跡らしい。この焼却炉は当然ながら王宮に勤めている人達しか使いません。王国剣士のように王宮に住んでいる、もしくは勤めている人達が、自分達のごみを片付けるために使っている程度のものなので、そんなにバカでかいものではないです。今の時代は焼却炉自体めったに見かけなくなりましたが、昔は会社の敷地内や、学校なんかでもあったと思います。

 なのであんまりごみを詰め込むと生焼けになったりするので、1回使うごとにごみを掻きだして中を空にしてから使用するという決まりがあるのですが、ちゃんとそのルールを守っていない奴がいたおかげで、ヒューイがごみの掻きだしをしていたと言うことですな。でも途中でやめたからあとはよろしくと。

 さてその見つかった紙の束は何なのか。この先の展開は!?

 そろそろ犯人に行き着いてくれないと終わらないので頑張りますw

 まずは外伝9をどうぞm(__)m

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。