So-net無料ブログ作成

外伝6が先に出来ましたw [裏話]

 こんにちは

 外伝6です。どうしても本編よりこっちの方がいろいろ浮かんでしまうので、つまるところまで行くことにしましたw

 新しい登場人物がいます

 ドゥルーガー医師 30代後半くらい
 医師会の主任医師の1人。若いが立ち居振る舞いや言葉遣いが落ち着いているので、年寄りも老けて見られる。Lost Memory本編の現代編では医師会の会長になっている人物。いや雰囲気はあんまり変わってないかも( ̄▽ ̄;
 
 ご存じドゥルーガー会長の若かりし頃、牢獄の検死医として登場します。大分若い頃の話なので、言葉遣いなども変えようかどうしようかといろいろ考えましたが、今ひとつ思い浮かばないのでこのままGo!w

 エリナ 20代のお嬢さん
 行政局の事務官補佐。周旋屋の事務所に人夫の名簿や給料などの明細を取りに来る係。

 ダスティン 50代後半
 人夫崩れの浮浪者。飲み屋街をねぐらに、残飯を漁ったりして日々を生きている。たまたまグラディスに声をかけられ、情報を提供してくれることになる。この手の人夫崩れと呼ばれる人達がこうなってしまう理由は、外伝6の中で周旋屋の1人が語ってくれます。

 ということでここからはネタバレ。

 物語が大きく動き始めました。ローディとグラディスが出会ったことがきっかけで、この町の中で何かの陰謀が進行しているらしいですが、今まではあまり具体性のない話でした。それがローディが襲われたことで現実味をまし、今回はまた新たな展開となります。

 モーガン医師はなぜ殺されたのか、そして時折現れてグラディス達を見ている「人影」は何者なのか。今回登場した時の台詞から、それがグラディス達が思っているような人物ではなさそうだと、読んでくださった皆様にはおわかりになったのではないかと。

 そして今回の殺人について、グラディス達が調べているローディの件とは関係があるのか、そのあたりも、今後少しずつ見えてくることになります。次回からは本格的な殺人事件の調査となりますが、ここの管理人、凝ったトリックなんかはまず作れないので、わりとシンプルに行きたいと思いますw

 次回が外伝7になるのか91章になるのか書いてる当人にもさっぱり読めないので、取りあえずのんびりお待ちいただくと言うことで( ̄▽ ̄;


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。