So-net無料ブログ作成

89章です [裏話]

 こんにちは

 やっと出来ました、89章です。久しぶりに名前つきで登場する人がいますので、紹介。まあ今後どの程度かかわってくるかはわかりません。

 ラッセル・ガーランド 37~8歳
 リーザの弟。男爵家を継ぐことが決まっており、すでに領地運営などは全てこの人が担ってます。しかし、父親がなかなか家督相続の手続をしようとしないので、戸惑っているところ。

 さてここからはちょいとしたネタバレ解説

 前回の終わりに突然振ってわいた「ウィロー、医者になる???」のお話。まだ決めかねてはいるようですが、クロービスの考えるとおり、ウィローにはそれだけの力量があります。ブロムはクロービスとウィローに同じように仕事を教えてくれました。看護婦として医師と同じ場所で仕事をする以上、診療の内容が理解できないのでは話になりませんからね。Lost Memoryの世界では、現代日本ほど看護婦と医師の仕事の内容に隔たりはありません。違いは資格があるかないか。医師は免許制になりましたが、看護婦はぶっちゃけ誰でもなれます。看護婦の養成学校もあるにはありますが、資格制度がないので、『看護学校を出て看護婦になる』という流れが未だに定着していないのです。実際ウィローだってその手の学校なんで出ていません。クロービスが医者になったから『それじゃ私は看護婦として彼を支える』と決めただけのことです。

 この話にウィローが答えを出すのはずっと後の話です。ウィローも『この先どうするか』について考える時期に来ているということですね。

※以前も裏話で書いたと思いますが、現代日本なら『看護師』と表記するところを、うちの小説では『看護婦』と表記しています。男性の看護師さんは『看護士』と漢字で書いて区別しています。この世界では、こういった仕事はまだまだ女性の仕事として認識されている、という設定です。看護に携わる人の総称としての『看護師』という呼び方はこの世界にはありません。

 さてアスランの状況ですが、彼についてはここまでで一区切り。今後王国剣士として復帰するための訓練はそう簡単に進む話ではありません。フロリアがアスランにかけた『魔法』は、命が戻ったにもかかわらず未だ死の渕を漂っている弱々しい魂に、生命力を吹き込み現世に呼び戻す、まあそんな内容の魔法だったので、ここから先は本当にアスラン本人の体力、気力次第です。

 ところでランドとゴード医師の確執ですが、これはゴードに対するランドの初対面の印象が最悪だったという話。ランドは人を見るのが仕事とは言え、初対面の相手をひと目見ただけでその心根までしっかり見えるとかいう超能力があるわけではないので、出会いの時の状況が悪ければそりゃ印象が悪くなります。しかもゴードは医師会の権威にこだわるので一般受けはよくない、おまけに研究テーマは医師会の中でも医療技術として認められていないような「整体」。なので医師会の中でさえ奇人変人扱い。それに医師会の医師と剣士団の採用担当なんてよほどのことがなければ仕事で顔を合わせるなんてこともありません。なので『ちゃんと話してみたら案外いいやつだったかも』的なチャンスもないまま今に至っているということです。まあ再び話すチャンスがあったところで、ゴードと言う人物が『いい奴』という印象をもたれる人かどうかは微妙なところですけどね( ̄▽ ̄;

 今回のメインの話はイノージェンのことです。サブタイもそのつもりでつけました。祭りに行くついででよければと、イノージェンはガーランド男爵と会うことを承諾しましたが、実は男爵とイノージェンを会わせたくないのは、男爵の子供達。もちろんそれが『金が惜しい』という話ではないのは、今回のリーザの取り乱しようを見ていただければわかるかと思います。子供達としては複雑ですわなあ。父親が結婚前に子供を作っていたと言うだけでもショックだと思うんですよね。その上その子を正式な相続人の一人として手続するとか言われたらねぇ。もちろん『結婚前』のことであって、別に不倫でもなんでもないわけなんですが、そのことにしたって疑いたくなるのが人情でしょう。
 しかし、イノージェンにとっては迷惑至極。でも普通にそう言っても、男爵は遠慮してると思い込むだけなので、さてこれからどうするものやら。彼から優しい幻を取り払うことが出来るのは誰か。この話の決着はもう少し先ですが、イノージェンが望むとおり、ここで決着をつけて、将来に禍根を残さないようにしたいものです。
 
 そして次回はベルスタイン家の晩餐会。おいしい食事が出そうですが、そのあとはいろいろと深刻な話になるような気がしますね。今がんばって書いてますw

 まずは89章をお読みください。

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。